エラ削り整形と比較について

価格に違いが
長い目でみれば
比較の結果

長い目でみれば輪郭形成がお得

注射だけで終わる治療であるため、入院をする日梅雨がありません。施術したあとには、大きく晴れ上がる心配もないです。施術時には痛みはあるものの、麻酔クリームなどを使うことができまし、注射は極細の針使用であるため、痛いといってもごくわずかです。これに対しエラ削りの手術は、全身麻酔を使った2時間はかかる手術になります。エラを削りますから、手術をしたあとの腫れは大きく出やすく、落ち着くまでには6ヶ月程の期間を必要とします。強い腫れを感じる期間はひと月もないにしても、半年くらいは腫れを感じるケースが多いです。比較をして真剣に考える点として、金額の大きな違いもあります。ボトックス注射であれば、何万円から何十万円であっても、エラを削る手術の場合は一気に高額になります。しかし施術の効果を比べた時には、手術をすることのメリットの大きさも感じることになります。ボトックス注射での治療をした場合、半年から1年くらいは持続するものの、だんだん効果は薄れてきます。そのため、4ヶ月から6ヶ月おきくらいのペースで、またボトックスの注射を打ち続ける必要が出てきます。これが続くことを思うと、毎年数回の注射をずっとするとして、かなりの金額がかかるということがわかりました。


トップに戻る